ptsdを改善するための治療があります|メンタル改善しま専科!?

悩む女性

どういった人がかかるのか

サラリーマンの人形

精神的な病気は世界にとてもたくさんあります。そういった症状はとても細かく分けることができ、病名に関してもとても細かく分かれています。しかし、そういった症状をきちんと把握している人は多くありません。なぜなら、人の生活にそこまで身近にないものだと考える人が多いからです。人は、基本的に身近な情報をキャッチしてそれを覚えます。また、身近である情報ほど、テレビや新聞などで深く報じられているので、自然と知識として身につく場合があります。そういった情報の中には精神的な病気があまり入っていない場合もあります。そのため、ptsdに関しても知らないという人が多くいるのです。

ptsdは精神的な病気の1種です。うつ病と同じであったり、うつ病の中に含まれる症状だと考える人も多くいますが、そんなことはありません。うつ病とは類似した病気かもしれませんが、ptsdはうつ病と違い独立した病気の1つです。では、うつ病とどう違うのかとういと、それは過去の経験に基づくかどうかです。うつ病というものは、精神面が不安定になり体に異常が起きてしまう場合の全般を示していますが、ptsdは過去の経験が関わってきます。過去に大きな精神的苦痛を味わったことがある場合に起きる病気であり、その経験をずっと引きずってしまうことで発生します。

では、具体的にptsdにかかる人がどのような人達かというと、それは様々な種類に分かれてきます。例えば、過去に両親から虐待などを受けることでptsdにかかる人もいます。虐待という経験は、人の精神面にとても残りやすいものです。なぜなら、自分を産んだ両親から受ける暴行だからです。両親というものは、本来愛情を与える存在ですが、暴行などの苦痛を受けてしまえば、子供はその体験をとてもショックなものとして受け止めてしまいます。また、他にどのような人が患ってしまうかというと、火事や地震などの災害にあってしまった場合です。火事や地震というものは、思いもよらずに直面する場合があります。その上、本当に命を落としてしまう危険性がある出来事なので、精神的なショックはとても大きいものです。そのため、火事や地震に合ったことが原因でptsdにかかってしまったという人もたくさんいます。