ptsdを改善するための治療があります|メンタル改善しま専科!?

悩む女性

症状は多くある

ハートマークを持った医者

ptsdと一口に言っても、その症状というのはいくつかに分けることができます。しかし、どの症状も言えることは、なにかトラウマを抱えてしまうことで起きるということです。トラウマというのは、過去にとてもショッキングな軽々をしてしまったがために起きる、記憶のことです。その記憶はなかなか忘れることができず、同じような体験をした際に記憶がフラッシュバックして、不安になることがあります。そういった症状が主ではありますが、それは3つのパターンに切り分けることができます。

ptsdのパターンとしては、再体験というパターンと、回避をするパターン、そして過覚醒というパターンがあります。再体験というものは記憶がフラッシュバックしてくる症状です。過去にショッキングなことがあり、それを普段の生活で思い出し、とても大きな不安を感じたり取り乱してしまうという症状を言います。次に回避というパターンですが、これは過去にあった辛い経験を無意識に回避してしまうというものです。例えば、とても狭い場所などに幾度となく閉じ込められた経験などがあるのでしたら、無意識に狭いところを避けようとする傾向があったりします。これは無意識に感じていることなので、ただ狭い場所が嫌いだと考える人もいますが、過去の経験に紐づくものなのでptsdの一種とされています。次に過覚醒という症状ですが、これは生きている上で常に不安感を感じてしまうことなどを言います。本来、過去につらい経験があったとしても、その後楽しい人生を過ごす事ができれば現在の楽しさをしっかり噛みしめることができます。しかし、過覚醒という症状に見舞われると、何をしていても不安に感じ、場合によっては夜眠ることさえもできなくなってしまう症状をいいます。これら3つの症状がptsdの症状ですが、どれも日常生活に大きな影響を与えてしまうことばかりです。しかし、これらの症状の自覚があり、治す意志があるのであれば、しっかり治療に専念して改善することが可能になっています。